第2新卒 フリーター 転職

第2新卒のフリーターでも転職できる!【面接に自信がない人用】

第2新卒のフリーターでも転職できる!【面接に自信がない人用】

 

■第2新卒でフリーターでも問題なく転職できます
学校を卒業後、就職をせずにフリーターになった第2新卒の方の中には
「一度就職せずにフリーターになってしまったのだから、もう転職できるわけない……」
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

はっきり言って、そんな事はまったくありません。

 

今、企業は第2新卒を積極的に雇用しています。
その主な理由は二つです。

 

・社会経験がまだ少ないゆえの、”柔軟性”

 

・年齢から考える”伸びしろ”

 

お気づきかもしれませんが、第2新卒を企業が求める理由は新卒とほぼ変わりません。
例え新卒で企業に就職をしていなくとも、企業で働いたという経験はあまり求められていないのです。

 

ではそれを踏まえ、第2新卒で、今フリーターの方が転職の面接の際どのように臨めば良いのでしょうか。

 

■アピールすべきポイントはたった1つ
始めに断言しておきます。新卒から就職をせずに、今フリーターとして働いている第2新卒の方は面接で大変有利です。

 

今、自信が持てていなくても大丈夫です。その理由をご説明します。

 

まず新卒から就職せずにフリーターになったという事実ですが、これは「妥協しなかった」ということでもあります。
はっきり言えば、新卒、というだけでどんな人間でも採用する企業というのはたくさんあります。

 

しかしあなたはそういった企業に妥協せずに、フリーターになる道を選んだ。そのように考えることができます。

 

新卒で就職し、3年以内に会社を辞めて再就職を目指す第2新卒の方もいますが、そういった方よりむしろ印象がよくなる可能もあります。

 

そういった経緯の中で、ではなぜ今その会社を志望するのか。そこをしっかりとアピールできれば良いのです。

 

企業が第2新卒の方を面接する際に最も注目しているポイント、それは「入社意欲」です。
右も左も分からず就職活動をしている新卒と比べて、企業を見る目もついてきている第2新卒の方がなぜその企業を選んだのか。そこを、面接官は見ているのです。
その意欲と企業のニーズが合致すれば、面接は必ずうまくいきます。

 

第2新卒でフリーターということをマイナスに捉えて、面接に自信がなくなっている方。
自信をなくす必要はまったくありません。むしろ、自信を持っていい部分はたくさんあるのです。

 

大切なのは「入社意欲」。そこをアピールすることで、転職を成功させましょう!